- Blog記事一覧 -健康と介護の境界線、フレイルについて学ぼう

健康と介護の境界線、フレイルについて学ぼう

2022.03.07 | Category: フレイル

フレイルとは高齢になり、心身の活力、筋力や認知能力が低下し、社会との接触が減ったりすることで、健康を保てていない状態のことになります。

フレイルが悪化すると、介護が必要になったり、最悪の場合は命にも関わってきます。

本日は健康と介護の間といえるフレイルについての記事となります。

フレイルになってしまう3つの要素

【身体的要素】外出機会が減ったり、運動不足による筋力低下によって、動作が遅くなったり、転倒しやすくなる。

【社会的要素】人と会って話す機会が減り、閉じこもり気味で孤独な時間が増える。

【精神的要素】覚えることや思い出すことが難しく感じるようになり、うつ状態、認知症の症状が出てくる。

セルフチェック

  • ここ半年で体重が2キロ以上減った
  • 横断歩道を青信号中に渡れなくなった
  • ペットボトルの蓋が開けにくくなった
  • 以前より疲れやすくなった
  • 物忘れが増えてきた
  • お茶やお味噌汁などでむせるようになった
  • 外出することがおっくうになった
  • 人と会う・話すなどがおっくうになった

3つ以上当てはまる方は要注意です。

予防の3つの取り組み

【食事】
・1日3食、栄養バランスを考慮して食事をしましょう。
・水分は1日1.5ℓを目安に摂取しましょう。
・ゆっくりよく噛んでから飲み込む。
・口腔ケアに努めましょう。

【運動】
・ラジオ体操を無理のない範囲で行いましょう。
・脚や腕など、軽めのストレッチをしましょう。
・散歩などで外出をするようにしましょう。

【社会参加】
・人とコミュニケーションを取るようにしましょう。
・手先を使う趣味で脳に刺激を入れましょう。
・町内会の活動や行事に参加しましょう。
・自分の好きなものを買ったり食べたりしましょう。

 

 

前回の記事で平均寿命と健康寿命のお話をしました。健康寿命を伸ばす為にはフレイル予防が重要となります。いつまでも元気に過ごせるよう、今の健康を維持していきましょう。

(前回の記事は『要支援?要介護?65歳以上の方は備えておいて』をご覧ください)

 

当院では運動が苦手な人でも30分寝ているだけで筋力トレーニングができる岩盤エクササイズを導入しております。詳細は岩盤エクササイズをご覧ください。

~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~
いなり通り鍼灸接骨院
JR京浜東北線:王子駅徒歩10分
東京メトロ南北線:王子駅徒歩10分
東京メトロ南北線:王子神谷駅徒歩16分
東京さくらトラム(都電荒川線):王子駅前駅徒歩11分
東京さくらトラム(都電荒川線):栄町駅徒歩13分
東京さくらトラム(都電荒川線):梶原駅徒歩16分
03-3914-8976
友だち追加
~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒114-0003
東京都北区豊島1-35-19

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日