-豊島・王子・堀船で四十肩・五十肩の施術は、いなり通り鍼灸接骨院へ

五十肩(肩関節周囲炎)

 

概要

よく五十肩と言いますが正確には肩関節周囲炎と呼びます。40~60歳で起こりやすく、特に40代50代に症状が現れる方が多いので、俗に四十肩・五十肩と呼ばれております。比較的、女性の方に多い傾向があります。
治療期間は概ね、6か月~2年くらいになります。

原因

正直なところ、現代の医学では明確な原因は解明されておりません。
有力な説としては、肩の関節を包んでいる関節包というものが固く拘縮してしまったことにより、肩の関節が動かしにくくなり、痛みが生じてしまう状態だと言われております。

種類

五十肩は状態によっていくつかの種類に分けられます

  • 凍結肩
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 肩峰下滑液包炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎

特徴的症状

五十肩の特徴的な症状になります

  • 髪を結ぶ動作で肩に痛みが出現する
  • 帯やエプロンの紐を結ぶ動作で肩に痛みが出現する
  • 寝ている時に肩がズキズキと痛くて起きてします

3つの時期

五十肩は3つの時期に分かれます。
時期によって症状が違ってきますので、貴方はどの時期になるか、考えてみてください。

【炎症期】
関節に強い炎症が起きている時期になりますので、一番痛む時期になります。
肩の痛みは昼夜共に強く感じ、特に寝ているときは痛みが強く睡眠の障害になってしまうことがあります。
徐々に肩の動かせる範囲、可動域が狭くなっていきます。

【拘縮期】
睡眠時の痛みや動かした時の痛みは徐々に軽減してきます。
しかし、可動域はさらに狭くなり、腕を動かすことが困難となり生活に支障をきたしてきます。

【回復期】
睡眠時の痛み、動かした時に痛みが出ることはほとんどありません。
固くなった関節、狭くなった可動域をリハビリや運動にて回復させる時期になります。

セルフケア

ケアのやり方は時期によって違います。
適切なやり方をしないと改善せず、悪化させてしまうことがありますので、ご自身で判断される際はご注意ください。

【炎症期】
ズキズキと痛むようでしたら、保冷剤や氷にて肩関節を冷やしてください。
無理して動かすことは禁物です。
出来るだけ肩を動かさず、安静にしてください。

【拘縮期】
肩関節は温めてください。
冷えると痛みが増悪しまうので、冷えないよう工夫してください。
夏場のエアコンで冷えてしまうこともありますので、ご注意ください。
また、痛くない範囲で肩は動かしてください。

【回復期】
引き続き肩関節は温めてください。
また、肩関節は積極的に動かしてください。

施術

施術内容は時期や痛みの程度、可動域に応じて異なります。
一般的には下記の施術を当院では行います。

ご不明点等ございましたら、LINEにてお気軽にご相談ください。

【鍼治療】

【超音波治療】

~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~
いなり通り鍼灸接骨院
JR京浜東北線:王子駅徒歩10分
東京メトロ南北線:王子駅徒歩10分
東京メトロ南北線:王子神谷駅徒歩16分
東京さくらトラム(都電荒川線):王子駅前駅徒歩11分
東京さくらトラム(都電荒川線):栄町駅徒歩13分
東京さくらトラム(都電荒川線):梶原駅徒歩16分
03-3914-8976
友だち追加
~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~•~


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒114-0003
東京都北区豊島1-35-19

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日