-交通事故治療(自賠責保険) | 東京都北区豊島 いなり通り鍼灸接骨院

交通事故治療(自賠責保険)

症状

交通事故では「頸椎捻挫(けいついねんざ)」になることがよくあります。

いわゆる「むち打ち」と呼ばれる状態で、交通事故によって首に急激な力が加わったことにより痛めてしまっている状態です。交通事故にあったあと、頭や首を動かそうとしたときに鋭い痛みが走ったり、まるで固まったかのように首が動かしにくかったりするとむち打ちの可能性があります。

しかし、交通事故のように突然の衝撃を受けると人間はパニック状態となり、アドレナリンの作用で一時的に痛みに鈍くなります。本当はケガをしていても痛みを感じなかったり、数日後に痛みだしたりすることがあるのです。その為、交通事故ではその場で痛みを感じなかったとしても、すぐ病院で検査を受けることをおすすめします。

ちなみに、交通事故などで頭を強く打ったあと、頭痛やめまい、吐き気や手足のしびれなどを感じたときは脳に深刻なダメージを負っているかもしれません。命を落とすほど重篤な状況のことがあるため、もし頭痛やめまいなどを感じたときには迷わず救急車を呼んでください。

原因

交通事故での衝撃により首に「急激な負荷」がかかるとむち打ちになります。

頭は身体の部位でもとくに重みがあるため、比較的軽度の交通事故でもむち打ちになることは珍しくありません。首には脊髄神経(頭から腰にかけての太い神経)が通っており、脳からの指令を全身に送っています。交通事故により急激な負荷が首にかかると、この脊髄神経が圧迫されて痛みが走るのです。

施術

いなり通り鍼灸接骨院ではむち打ちなど交通事故でのケガ、後遺症への施術が可能です。徒手(マッサージ)の他に、温熱治療や電気治療、鍼や超音波治療器など必要に応じた施術により、痛みを和らげたり身体を正常な状態に調節する手助けをいたします。

また、交通事故では治療・施術を受けながら、同時に「保険会社」ともやりとりする必要があります。ただ、多くの方は突然の交通事故に動揺してしまい、保険会社や事故の相手とどうやりとりすればいいのか分からなくなります。適切な手続きを踏まないと保険金が降りないこともあるだけに、何となくで進めてしまうのは要注意です。

そこで、当院では交通事故でお困りのお客様のために、保険会社とのやりとりの相談にも乗っています。場合によっては当院の顧問弁護士の紹介もできますので、ぜひ気軽にお尋ねください。


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒114-0003
東京都北区豊島1-35-19

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日