-ぎっくり腰 | 東京都北区豊島 いなり通り鍼灸接骨院

ぎっくり腰

症状

ぎっくり腰は重量のあるものが突然ぶつかってきたような痛みを腰に感じるのが特徴です。

正式名称を「急性腰痛症」と言うのですが、西洋では「魔女の一撃」と呼ばれることもあり、確かにぎっくり腰にくる痛みはその名にふさわしいものを感じます。痛みを感じた瞬間の姿勢から動けなくなるほどで、ぎっくり腰になると周りからはまるで凍っているかのようにさえ見えるほどピクリともできません。

そんな恐ろしい症状のでるぎっくり腰には、主に3つの種類があります。

  1. 筋・筋膜性腰痛…脊柱起立筋など背骨沿いの筋肉に痛みが走る
  2. 椎間関節性腰痛…椎間関節や腰椎(腰の骨)に痛みが走る
  3. 仙腸関節性腰痛…仙腸関節(骨盤の一部)に痛みが走る

このようにぎっくり腰には複数あり、種類によって効果のある対処、反対に悪化させる対処が異なるため安易な処置は危険です。

原因

ぎっくり腰は日常の些細な動作が引き金になることが多いです。例えば、顔を洗っているとき、床のものを取ろうとしたとき、起き上がろうとしたときなど。中には、くしゃみや咳など「こんなことで!」とびっくりするような些細な行動でぎっくり腰になることは珍しくありません。

では、どのようにしてぎっくり腰が起こるのかですが、主な原因は「筋肉の緊張」です。

デスクワークで座りっぱなしであったり、猫背やそり腰など姿勢が悪かったりすると腰回りの一部に負荷が集中します。その箇所に疲労がたまることで筋肉の柔軟性が低下し、些細な動作が引き金となってぎっくり腰(腰の筋肉を痛めた状態)になるのです。ちなみに、寝不足や運動不足もまたぎっくり腰になる原因とされます。

施術

ぎっくり腰(急性腰痛)では痛みのある箇所の筋肉が「炎症」を起こしています。つまり、筋肉に損傷があって熱や痛みを持っている状態で、まずはアイシング(冷やす)することが重要です。ただし、無理に動かしてしまうと悪化する原因になるので、あくまで動けるくらいにまで痛みが和らいでから冷やしましょう。

ぎっくり腰は安静にして冷やしていれば痛みは和らぐものですが、中にはいつまでたっても痛みが続くものもあります。さらに、一時的に収まったとしても定期的にぎっくり腰を繰り返すこともあり、この場合には原因が隠れているかもしれません。ぎっくり腰になったときは病院(整形外科)や接骨院など専門機関に相談しておくのが安心です。

いなり通り鍼灸接骨院にはぎっくり腰に対する専門知識・技術があり、徒手(マッサージ)だけでなく「超音波治療器」など複数の施術方法があります。特に、超音波は電気治療によくあるピリピリとした不快感がないので、接骨院での施術が初めてという患者様におすすめです。


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒114-0003
東京都北区豊島1-35-19

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日